FILECOIN MINING ファイルコインマイニング

MECHANISM Filecoinのメカニズム

Bitcoinに代表されるハッシュ集約型の
Proof-of-Workとは異なります。

Filecoinのメインネットへのストレージの提供(Proof-of-Spacetime)と、
検索機能の提供(Proof-of-Replication)に基づいてFilecoinが報酬として発行付与されます。

ストレージマイニング Proof-of-Spacetime
ストレージマイナーは、自分の持つ空き容量の一部(=セクター)をIPFSに貸し出し報酬としてFilecoinを得ることが可能です。ストレージマイナーはセクターを貸し出すうえで一定期間空き容量がオンラインに存在することを「宣誓」し、担保としてFILトークンをブロックチェーンに送信し、セクターの容量と値段を設定しストレージマーケットで売りに出します。セクターを借りたいユーザーが現れると代金が払われストレージマイナーのもとにデータが転送されます。ストレージマイナーは随時Proof of Storageを発行し自分が情報を保持していることを証明しなければなりません。宣誓が守られない、データが紛失する、オフラインでアクセスできなくなる、などした場合は担保の一部が没収されます。また、データの保有量に応じてブロックの生成を行う権利も得ることが可能です。ブロック報酬と取引手数料を獲得する確率は、マイナーがFilecoinネットワークに提供するストレージの量に比例し、ハッシュ力ではありません。
リトリーブマイニング Proof-of-Replication
リトリーブマイナーは、分割された情報の破片をユーザーの代わりに集め提供することでFilecoinを得ることができます。アロケーションテーブルをもとに、ユーザーの要求するデータをストレージから引き出します。そして、ユーザーとリトリーブマイナーで交渉が成立するとFilecoinとデータの交換が行われます。その性質上、ストレージマイナーがリトリーブマイナーの役割を果たすことが多いです。

リトリーブマイナーの帯域幅と取引の入札/初期応答時間(待ち時間とクライアントへの近接性)により、ネットワーク上の検索取引を成立させる能力が決まります。この能力に比例してFilecoinを獲得する確率が決まります。

REWARD マイニング報酬の先行者メリット

Filecoinの発行メカニズムによると、Filecoinの総発行量は20億FILとなっており、そのうち5%(1億FIL)は財団に割り当てられ、6年間で均等にリリースされます。10%(2億FIL)はICOに参加した投資家に割り当てられ、36か月間で均等にリリースされます。15%(3億FIL)はプロトコルラボチームに割り当てられ、6年間で均等にリリースされます。残りの70%(14億FIL)はマイナーに割り当てられ、ブロック報酬の形で20年間をかけて徐々にリリースされます。
一方で、メインチェーンはネットワーク全体のセキュリティを確保するために強力なコンピューティング能力を必要とするため、当初から多くの参加者を必要としています。そのため、初期段階でのマイニング報酬は特に高く設定されており、そこから徐々にマイニング報酬が減少していく仕組みになっています。スタートからの6年間でマイナー向けに割り当てられた14億FILの約50%がリリースされる計画であり、Filecoinのメインネットワークスタートアップの初期段階から参入する先行者メリットはきわめて大きくなっています。

No.1のパフォーマンス

パートナーのFilecoinマイニング技術会社であるNONENTROPYが開発したマイニングマシン及びマイニングプールはメインネットにて世界No.1のパフォーマンスを発揮しています。
プール同士を結合する独自のネットワーク構築ノウハウと、ソフトウェアの継続的な改善により採掘能力の最大化を実現しています。 ※他社比2.5-3倍のマイニング効率を実現

NONENTROPY NONENTROPYについて

NONENTROPYは、ブロックチェーンの分散ストレージを専門とするテクノロジー企業です。

分散システム、ブロックチェーンコンセンサスメカニズム、データストレージなどの技術の蓄積に加え、3年以上にわたりIPFSの研究、テスト、改善をProtocol Labsチームと共に重ねてきたことにより、Filecoinノードの設計、構築、管理に関して世界最高の技術と経験を有しています。

すでに蘇州、東莞、福州、鄭州、洛陽、新鄭、新郷に分散ストレージマイニングプールを構築しており、深セン、成都、東京、日本などで分散型ストレージマイニングプールが間もなく完成します。

今後、青島、泉州、長沙、天津、ソウル、韓国、ジャカルタ、インドネシア、サンタクルス、ボリビア、リマ、ペルー、東パラグアイの分散ストレージマイニングプールの建設も計画しています。

  • 完全なる自社開発技術

    独自の分散型ストレージ技術・ブロックチェーンテクノロジー ・アプリケーションの開発能力は全て自社研究員によって完成されている。2017年発足した創業メンバー全員中国若手研究員。平均年齢28歳で数多くの研究をこなして来ている。

  • プロトコルラボに技術供与

    ファイルコインのプロジェクトが発足する2017年からプロトコルラボと親密に共同研究関係を維持。中国でファイルコインのICOを手伝い、ホワイトペーパーの中国語翻訳、数多くの研究文献の公開、さらに独自の(Network address translation traversal)技術をプロトコルラボに提供するなど、これまでのファイルコインのネットワーク構築に多大な貢献している

  • 中国政府機関の提携パートナー

    ブロックチェーンに慎重な中国政府とも共同プロジェクトを抱えるほどの信用力。河南省政府と分散型のストレージサーバー群を構築し、公的機関のオンラインサービスにネットインフラを提供した。また新型コロナウイルスによる学校教育のオンライン化に対応し、僅か5日間で北京の中国人民大学に分散型ストレージサバーによるオンライン教育動画配信サービスの開発し、中国トップレベル大学にも信頼されている